哲理 - 紹介

四ヶ国語を把握してから言語を学ぶことは困難ではないと分かりました。 次の実例を見てみましょう!英語を習うのに10年間くらいかかり、ロシア語を4年間で把握し、日本語3年以下勉強出来て、結局中国語を学ぶのにほぼペラペラレベルまで一年間ぐらいかかりました。当然なんですが、母語話者ように喋れません。ただし、日常的会話とそれより若干上級の会話に必要な知識を持っています。中高生の時英語を勉強始める際授業に注意を注がなかったです。幾つかの単語を習って次の週ほとんどのを忘れてしまいました。18歳のときもっと頑張ってロシアを勉強しましたからある程度まで進めるのに必要な時間が短くなりました。大学の一級性のとき日本語を学びたいなと思い、語学学校に入学しました。以前の言語の勉強過程と異なり、自分の決定であったため、長い時間自分で努力して、文法・単語と表現を学び復習しました。最後に中国語の勉強は自然な過程みたいことであり、脳の挑戦として考えております。私の意見では、言語を意識的学ぶと言うのは毎日を勉強し、復習することであります。復習は勉強より重要だと言うことを強めたいと思います。ハンガリー語ことわざ”復習は知識の母親である”に従い勉強して頂きたいと思います!

Generic placeholder image

失念線 - 忘れないで

単語や表現を忘れるのは自然の事で、特に心配しなくていいと思います。注意していただきたいことは復習です。従って、単語を忘れたのを気がついた瞬間それをすぐ復習しないといけません。最新の色々な研究によると、人間の脳はすでに把握したことをパット忘れます。仮にある日10個の単語を勉強し、次の日幾つ覚えているか挑戦してみてください。きっと8個以下です。また、二日後復習せず、幾つか覚えているか確認してください。 5個くらいに減ってしまうと思います。そういう関係性を図(いわゆる”失念線”、英:forgetting curve)に示す事ができます。


実際に使うべき - 使ってね!

言語を勉強するとき効率的な方法を”実用”と呼ばせていただきたいです。つまり単語を勉強した後、無理やりあっても、すぐ使うようにすれば復習しなくていいといえます。もし三回以上使ったら、その言葉を忘れられないことが気がつけます。なぜなら、その言葉と使った事態と繋がることによって連想的に覚えられます。


連想的に学ぶ -画像

単語を勉強するとき自分の手書きを見るのは効率的ではないと知られています。裸の言葉を勉強することではなくて、その単語はどのイメージを表現するかを覚えておくのを勧めます。 当たり前だと思いますが、母語以外の言語で喋るとき、まず言いたいことの画像を思い出します。 その画像と一致する言葉と関係がないと覚えられない事が多いと思います。

関連記事

動画