拒否するは英語で次のように言える:

英語に訳すと: to reject

英語の使い方の解説: 拒否するという動詞は英語でいうと”to reject”となる。
  • 日本語の文例(1): そのうえで「人権問題をめぐる話し合いは、世界の多くの同盟・友好国と行っており、普通のことだ」と述べ、拒否すべきではないとの認識を示した。
  • 英訳: In addition to this, he mentioned, “There are talks about human right problems with many of our allies in the world, it is a common thing” and he also said, it should not be rejected.

関連記事

動画