ハンガリーでの買い物に関する語彙

ハンガリーに行くと英語がある程度まで通じますが、首都のブダペストから少し離れたところ、例えば田舎を訪問するときハンガリー語の基礎を意識するのはオススメです。なので次の文章で仮にお店に入ったらどういうふうに話したらいいかについて説明したいと思います。

ハンガリーの代表的な名物は唐辛子(パプリカ)とニンニクであります


パン屋さんに入ることを仮定しましょう!前の文章でハンガリー語の簡単な自己紹介についてすでにお書きしましたので、必要な方は挨拶法を復習してください。それに従い気になる商品とその値段に関して店員さんにハンガリー語で話しかけましょう!

挨拶

  • 朝なら:Jó reggelt!
  • 午前中から午後まで: Jó napot!
  • 夜なら:Jó estét!
以上のように挨拶すると店員さんに同じようなご回答すると期待することができます。ここで注意して頂きたいなのはハンガリー語ですみませんって言えるんですが、基本的に話しかけるときは言わなくても困らないと思われています。
  • Ez micsoda? (エズ ミチョダ?)(これはなんですか?)
と聞きましょう!

回答は当然指した商品によって異なってくるんですが、パンだと仮定しましょう。

  • Ez kenyér。 (エズ ケネール。)(これはパンです。)
と言われるとき次はパンの値段を聞きましょう!
  • Mennyibe kerül? (メンニベ ケルル?)(いくらですか?)
っと聞いたら値段について尋ねることができます。続いてパンの値段が分かってから感謝を表しましょう!
  • Kétszáz forint. (ケートサーズ フォリント)(200フォリントです)
  • Köszönöm. (コソノム。)(ありがとうございます。)
対話が終わりましたが、必要な方はハンガリー語での上級な自己紹介又はハンガリー旅行の文章をご覧になってください。よろしくお願いします!



関連記事

動画