ハンガリーで医者さんと喋りましょう

止むを得ず旅行するとき病気になり、医者さんへ尋ねることが必要となります。ハンガリーで大学を卒業の資格のなかで英語能力試験合格があるため、ほとんどの医者さんは英語がある程度話せます。ただし、体がどこか痛いとかどんな病気があるかとかハンガリー語で伝えると医者さんが喜んでくれる上、治療の過程はスムーズで、速くなると思います。加えて、医者さんは指導を言うとき当然ハンガリー語の方が好みます。私も日本で歯医者さんに治療された際、双方英語が出来ましたのに、日本語で話しましたから、”うがいしてください”とか、色んな言葉を勉強しました。

ハンガリーでほとんどの医者さんは英語ができるんですが、ハンガリー語で話しかけるときっと喜んでくれる


なので、次の文章で病気になったとき、ハンガリーの病院行くとしたらどうやって簡単な会話を行うということで説明したいと思います。ハンガリー語の文字をよく読めない方は括弧の中に書いてあるカタカナをご参加ください。

それでは、本日の会話をはじめましょう!

医者さんのお部屋に入るとき”失礼します”と言わずに前の文章に従い挨拶しましょう:

  • Jó reggelt! (ヨウ レッゲルト!)(いい朝をお願う!)
  • Jó napot! (ヨウ ナポト!)(いい日をお願う!)
  • Jó estét! (ヨウ エシュテート!)(いい夜をお願う!)

中央ヨーロッパの一番大きい湖はハンガリーにある

それから医者さんに同じような挨拶言われてから、どんな病気があるかと聞かれると仮定します:

  • どんな病気がありますか? ー Mi a panasza?  (ミ ア パナスア)

答えとして、次で色んな病気の名前を説明します:

  • 風邪をひきました ー Megfáztam (メグ ファーズタム)
  • 頭痛があります ー Fáj a fejem (ファーユ ア フェユエム)
  • 咳します ー Köhögök (コホゴク)
  • 発熱です ー Lázas vagyok (ラーザシュ ファギョク)
  • 食中毒です ー Ételmérgezést kaptam (エーテル メールゲズエーシュト カプタム)
  • 腹痛です ー Fáj a hasam (ファーユ ア ハシュアム)
  • 鼻水です ー Folyik az orrom (フォイク アズ オッルオム)

バラトン湖の白鳥は非常にきれいだと思われる

上記のように自分の病気を伝えてから、食欲について聞かれるかもしれません:

食欲はいかがですか? ー Milyen az étvágya (ミイェヌ アズ エートファージャ)

次のように答えられます:

  • 悪い ー Rossz (ロッス)
  • 良い ー Jó (ヨウ)
  • 素晴らしい ー Kiváló (キファーロー)
  • とても悪い ー Nagyon rossz (ナギョン ロッス)

次のステップとして体温を測られるかもしれません:

  • かしこまりました、体温を測ってよろしいでしょうか? ー Rendben, megmérhetem a lázát? (レンドベン メグ メールヘテム ア ラーザート)

診断が終わってから薬の処方せんが発行され、医者さんに指導を聞きましょう!

  • それでは、診断が終わりました。風邪を引いたそうです。アレルギーとかはありますか? ー Úgy néz ki megfázott. Alergiás valamire? (ウーギョ ネーズ キ メグファーゾット。アルエルギアーシュ ファラミレ)
  • はい、ペニシリンのアレルギーがありますよう。ー Igen, penicilin érzékeny vagyok. (イゲン ペニチリン エールゼーケニュ ファギョク)
  • かしこまりました、それでは次の薬を一週間で毎日、三回、食事後、2錠を食べてください。ー Rendben, akkor a következő gyógyszerből egy héten keresztül, minden nap háromszor étkezés után vegyen be kettőt. (レンドベン、アッコル ア コヴェトケゾー ギョウギュセルボール エギュ ヘーテン ケレスツル ミンデン ナプ ハーロムソル エートケゼーシュ ウターン フェギェン ベ ケットト)

以上のようい医者さんと喋るときっと喜んでくれるし、指導をちゃんと分かることが出来ます。当然ですが皆さんは自分に当該する病気とアレルギーを交換して上の文章をお使いください。



関連記事

動画