寿司の歴史
    2015-12-13

    普段、私たちはそのルーツを意識することなく寿司を食べています。しかし、ふとした拍子に考えたことは無いでしょうか。「寿司を最初に食べた人は誰なんだろう?」「寿司を発明したのは誰なんだろう?」と。そういった寿司のルーツに鋭く迫っていきます。

    寿司の原点とは


    歴史上、寿司は今のような酢飯を握り固めた上に魚などのネタを乗っける握り寿司の形で生まれてきたわけではありません。寿司の原点となるのは今で言う「熟れ鮨(なれずし)」であったと考えられています。熟れ鮨は米や麦などの穀物を炊き上げて、その中に魚などを詰め込乳酸菌の力で乳酸発酵させた発酵食品の一種です。発酵食品は、発酵に関わった微生物の力で原材料となった食品には無かった栄養が含まれています。熟れ鮨は一種の健康食品として、発祥の地であったとされる東南アジアから中国、そして日本へと伝播していったのです。

    source :
    http://www.sushiwalking.com/history/

  • 1. 今のお寿司の原点は何ですか?
  • Click to show the answer

  • 2. 穀物をどういうふうに発酵させますか?
  • Click to show the answer

  • 3. 熟れ鮨の発祥地はどこですか?
  • Click to show the answer

  • 4. 熟れ鮨は東南アジアからどこへ伝播されましたか?
  • Click to show the answer

Further reading

More Videos