おいしい寿司ネタ
    2015-12-29

    魚が旨いと書いて鮨! 日本人の食生活にどっかりと根をおろした寿司はいまや“SUSHI”として世界各地に広まっています。魚の旨さを最大限に引き出す匠の技と新鮮なネタとの共演は日本人はもとより世界中の人々をで「旨い!」とうならせています。「お寿司屋さんの歩き方」では、日本人の誇る食文化“寿司”を世界の“SUSHI”にするべく、知られざる寿司の世界とそのネタについて紹介していきたいと思います。 

    屋台だったお寿司屋さん


    寿司は楽しむもの。安心して敷居をまたいでみましょう。なにしろお寿司屋さんで出すいわゆる“江戸前寿司”は昔のファーストフードといえるもの。屋台のお寿司屋さんにフラっと立ち寄って「親父ちょっと握ってくんな!」と言うようなお気軽なものだったのです。ですから、寿司屋といってもあまり気構えずに気楽にいってみましょう。
    お寿司屋さんに行ってみよう
    とはいえ、なんとなく敷居が高いお寿司屋さん。回転寿司ならしょっちゅう通っていても本格的なお寿司屋さんとなればちょっと腰が引けてしまいませんか? でもいまでも余程の高級店でなければちょっと奮発くらいで充分寿司を楽しめます。たまにはちょっとばかり奮発して回らないお寿司屋さんにでかけてみませんか?

    source :
    http://www.sushiwalking.com/

  • 1. 本文章で何について述べられていますか?
  • Click to show the answer

  • 2. 江戸前寿司は何でしょうか?
  • Click to show the answer

  • 3. お寿司はどういうものと述べられていますか?
  • Click to show the answer

  • 4. 回転寿司ならどういう疑問しますか?
  • Click to show the answer

Further reading

More Videos