これさえ知っていればOK!日本酒の種類を覚える3つのポイント
    2015-12-13

    日本酒の種類がよくわからないという声をよくいただきます。

    • 純米酒
    • 純米吟醸酒
    • 純米大吟醸酒
    • 吟醸酒
    • 大吟醸酒
    • 本醸造酒

      • むむむ。。こういうの何回見てもなかなか覚えられないですよね。。実際、私も凄い詳しいわけではありませんが、下記の簡単なポイントを覚えるだけで、ある程度の基礎はマスターできます。これだけで「おっこいつ案外わかってるな!」と思われるかもしれませんよ。

        日本酒の種類、簡単な2つの覚え方


        その日本酒は米と水だけで造られている?
        基本的に日本酒は米と水で造られますが、米と水以外の「醸造アルコール(人口添加物)」が添加されている種類もあります。米と水だけで造られている日本酒には「純米(じゅんまい)」が付きます。

        その日本酒はお米が削られてる?


        お米は芯に近づくほど、でんぷんが強くなります。そのため日本酒はお米の表面の部分を削ってしまい、芯に近い良い部分だけ使います。普通は3割程度しか削りませんが、なんとお米を4割以上も削り、特別に吟味をして低温じっくり造った日本酒があります。 この造り方でお米を4割削ると「吟醸(ぎんじょう)」が付きます。半分以上削ったものは「大吟醸(だいぎんじょう)」になります。

        source :
        http://www.nomooo.jp/blog/?p=7287

      • 1. 本文章で何について述べられていますか?
      • Click to show the answer

      • 2. お水とお米だけで造られた日本酒には何が付きますか?
      • Click to show the answer

      • 3. お米の何を削りますか?
      • Click to show the answer

      • 4. 普通は何回削りますか?
      • Click to show the answer

      Further reading

      More Videos